KURZWEIL JAPN

PC1X

さらに可能性を秘めたパフォーマンスコントローラ
 
PCシリーズのサウンドデモをお聞きいただけます

88鍵キーボード+PC2の先進サウンド
  「PC1X」はPC2シリーズのプレイアビリティをほぼ継承し、コストパフォーマンスに優れたキーボードです。オルガンのドローパーサウンドを再現する「KB-3」モードは搭載されておりませんが、「PC2」シリーズではオプションの「Orchestrsl ROM」(PCR-1)が標準搭載され、またハイクオリティのGM1音源もプリセットされているので、あらゆる場面での活躍が期待できます。
   
様々なシーンに対応するハイクオリティサウンド
  「PC2シリーズ」には新たにサンプリングされた音源が搭載されています。 「triple strike stereo grand piano」「stereo strings」「multi-strike classic electric piano」「brass section」「drums」「percussion」「Take 6 vocal samples」など、1台であらゆるジャンルの音楽製作ができる音源が盛り込まれています。しかもどの音もハイクオリティー!プリセット数では国産シンセに及びませんが、クオリティーにおいては負けません。キーベロシティーやアフタータッチにより変化する音色も多数搭載しています。
   
サウンドに彩を与えるエディト機能
  「PC2シリーズ」は基本的にプリセットシンセですが「timbre」「envelope」「LFO」のエディットがすべてのプリセットに対して行うことができます。MIDIに関しては同時送信チャンネルが4chのため、同時に4台の外部機器もコントロールが可能となっています。エフェクト部には、K2600シリーズに標準装備されているハイクオリティーエフェクトエンジン「KDFX」と同等のエフェクトがセットされています。このエフェクトを使いこなせば、クリエイト力が2倍にも3倍にもアップすることでしょう。
   
あらゆる可能性を追求したオプション
  拡張サウンドROM、拡張ボードなどPC2の魅力を膨らますオプションも充実。
「PCリーズ」のオプションの詳細はこちら

仕様一覧
PC1X
タイプ
88鍵ウェイテッド鍵盤
プログラム
256音色+Orchestral ROM 128音色+General MIDI 128音色
エフェクト
ステレオデジタルマルチエフェクト
セットアップ
64
MIDIポート
in,out/thru,out
チャンネル
送信4チャンネル、受信16チャンネル
同時発音数
64音
アフタータッチ
アルペジエーター
EQ
3バンド
ディスプレイ
20x2 LCD
オーディオアウト
2アナログバランスアウトプット(L/Mono&R)
ヘッドフォン
標準ステレオフォーンジャック
電源
9V ACアダプター
ピッチベンド
1
モジュレーション
1
ノブ
4(アサイン可)
スイッチ
4(アサイン可)
リボン
600mm(オプション)
CC ペダル
1
Switch ペダル
1
SCSI
-
寸法
138cm(W)x36cm(D)x11cm(H)
重量
23.0kg
 
 Copyright (C) 2011 Kurzweil Japan All Rights Reserved