KURZWEIL JAPN

PC1SE

76鍵フルウェイテッド鍵盤を採用したパフォーマンスコントローラ

 
PCシリーズのサウンドデモをお聞きいただけます

76鍵キーボード+PC1X
  「PC1SE」は「PC1X」の素晴らしさをそのまま76鍵モデルとして開発されました。PC2シリーズのプレイアビリティをほぼ継承し、コストパフォーマンスに優れたキーボードです。「PC2」シリーズの全てのサウンドを含む648音色のファクトリープリセットに加え「PC2」シリーズではオプションの「Orchestrsl ROM」(PCR-1)と「Classic Keys」(PCX-2)が標準搭載され、あらゆる場面に対応した演奏に対応できます。
   
さらに豊富になったハイクオリティサウンド
  「triple strike stereo grand piano」「stereo strings」「multi-strike classic electric piano」「brass section」「drums」「percussion」「Take 6 vocal samples」など、1台であらゆるジャンルの音楽製作ができる音源が盛り込まれています。しかもどの音もハイクオリティー!プリセット数も648と一段と豊富に。キーベロシティーやアフタータッチにより変化する音色も多数搭載しています。
   
サウンドに彩を与えるエディト機能
  「PC1SE」は「KS8」「K2600シリーズ」ゆずりのエフェクトを搭載しています。外付けのデジタルエフェクトを凌駕する効果でさらにサウンドに彩を与えます。ノイズのないリバーブ、豊富なコーラスやフランジャー、クリアなコンプレッサー、ロータリースピーカー、ディストーションなどで伝統的なサウンド作りも自由自在。もちろんshapersやLaserverbと同様のエフェクトアルゴリズムも準備されています。
   
卓越したMIDIコントローラ
  「PC1SE」はマルチオーバーラッピングゾーンの指定や音源ごとのスイッチやコントローラの指定など、様々なシーンに対応可能なMIDIコントローラ機能も充実しています。さらに、アルページエータやリボンコントローラ(オプション)などの機能を用いてステージでもスタジオでもアイデア次第で使い方が広がるMIDIコントローラといえます。
   
あらゆる可能性を追求したオプション
  拡張サウンドROM、拡張ボードなどPC1SEの魅力を膨らますオプションも充実。
「PCリーズ」のオプションの詳細はこちら

仕様一覧
PC1SE
タイプ
76鍵ウェイテッド鍵盤
プログラム
648音色(Orchestral ROM 128音色、Classic Keys 128音色を含む)
エフェクト
ステレオデジタルマルチエフェクト
セットアップ
ファクトリー 96/ユーザープログラマブル128
MIDIポート
in,out,thru
チャンネル
送信4チャンネル、受信16チャンネル
同時発音数
64音
アフタータッチ
アルペジエーター
EQ
3バンド
ディスプレイ
20x2 LCD
オーディオアウト
2アナログバランスアウトプット(L/Mono&R)
ヘッドフォン
標準ステレオフォーンジャック
電源
9V ACアダプター
ピッチベンド
1
モジュレーション
1
ノブ
4(アサイン可)
スイッチ
4(アサイン可)
リボン
600mm(オプション)
CC ペダル
1
Switch ペダル
1
SCSI
-
寸法
121.5cm(W)x35.5cm(D)x11cm(H)
重量
21.0kg
 
 Copyright (C) 2011 Kurzweil Japan All Rights Reserved