KURZWEIL JAPN

PC161

PCシリーズ待望の61鍵盤モデル
 
PCシリーズのサウンドデモをお聞きいただけます

PCサウンドでよりリアルな演奏が楽しめる
 
 

「PC161」は、1994年に登場し、マスターキーボードとして確固たる地位を築いた 「PC88」の機能を継承した、新しいキーボード「PCシリーズ」の軽量モデルとして誕生しました。マスターキーボードとして完璧なまでに作り上げられ、操作面も演奏や 製作の邪魔にならないように、スプリットやレイヤーの設定などは素早く、簡単に設定可能となっています。プレイヤーやクリエーターのための軽量61鍵マスターキーボー ドの登場です。

「PC161」はPC1Xの直系となっているため、PC2シリーズのプレイアビリティをほぼ継承し、コストパフォーマンスに優れたキーボードです。オルガンのドローパーサウン ドを再現する「KB-3」モードは搭載されておりませんが、「PC2」シリーズではオプショ ンの「Orchestra ROM」(PCR-1)が標準搭載され、またハイクオリティのGM1音源もプリ セットされているので、あらゆる場面での活躍が期待できます。


仕様一覧
PC161
タイプ
イニシャル&アフタータッチ付61鍵シンセ鍵盤
プログラム
256音色+Orchestral ROM 128音色+General MIDI 128音色
エフェクト
ステレオデジタルマルチエフェクト
セットアップ
64
MIDIポート
in,out/thru,out
チャンネル
送信4チャンネル、受信16チャンネル
同時発音数
64音
アフタータッチ
アルペジエーター
EQ
3バンド
ディスプレイ
20x2 LCD
オーディオアウト
2アナログバランスアウトプット(L/Mono&R)
ヘッドフォン
標準ステレオフォーンジャック
電源
9.5V ACアダプター
ピッチベンド
1
モジュレーション
1
ノブ
4(アサイン可)
スイッチ
4(アサイン可)
リボン
600mm(オプション)
CC ペダル
1
Switch ペダル
1
SCSI
-
寸法
94.4cm(W)x30.5cm(D)x8.3cm(H)
重量
10.5kg
 
 Copyright (C) 2011 Kurzweil Japan All Rights Reserved