KURZWEIL JAPN

K2600R

K2600の音源部をラックアマウントに凝縮
 
K2600シリーズのサウンドデモをお聞きいただけます

K2600のパワーが3Uラックサイズに
  K2600シリーズの桁外れの機能をわずか3Uに詰め込んでしまった「K2600R」。キーボード機能以外はほぼ同じ仕様となっており、拡張性や音源、エフェクトも全く遜色ありません。鍵盤付きのタイプはかなり重量があるので、容易に持ち運びができませんが、この「K2600R」なら、手軽にモンスターマシンを連れ出すことが可能です。
   
V.A.S.T.搭載のワークステーション
  「K2600シリーズ」は、一言でいえば、それぞれが専用機並みのスペックを持つシンセサイザー、サンプラー、エフェクター、シーケンサーの各機能を統合したワークステーションです。K2600はV.A.S.T.(Variable Architecture Synthesis Technology)と呼ばれる独自の DSPテクノロジーによってシンセサイズされます。V.A.S.T.とは60のDSP機能とエディットが可能な31のアルゴリズムを装備し、48ボイスを個々に独立コントロールする、優れた音源方式。写実的なサウンドを容易に再現することができます。
   
充実のKURZWEILサウンド
  「K2600シリーズ」には、K2500シリーズでオプションのドーターボード上に設けられていた4MBのPiano ROMが標準で実装されています。このPiano ROMにはKURZWEILのお家芸ともいえるナチュラルなピアノサウンドが十分な容量を持って収録されており、従来のROMサンプルと合わせて、計12MBのサンプルがプリセットされています。小さな音でも存在感のあるピアノサウンドには説得力があり、他の追随を許しません。また「HAMMOND B3」をシミュレートする「KB3 トーンホイールオルガンモード」も健在です。
   
あらゆる可能性を追求したオプション
  サンプリングボード、拡張サウンドROM、ハードディスク増設キットなどミュージシャンのあらゆる要求に対応したオプションも充実。
「K2600シリーズ」のオプションの詳細はこちら

仕様一覧
K2600R
タイプ
3U ラック音源モジュール
プログラム
237音色
KB3 モード
エフェクト
KDFX
セットアップ
100
MIDIポート
in,thru,out
チャンネル
16チャンネル
同時発音数
48音
Sample RAM
4MB(Up to 128MB using 72 pin SIMMs)
Sound ROM
12MB(Up to 44MB using ROM sound boards)
シーケンサー
32 トラック
ディスクドライブ
3.5"FDD
ディスプレイ
240x64 Pixel LCD
オーディオアウト
8アナログバランスアウトプット
デジタルアウト
オプション
ヘッドフォン
標準ステレオフォーンジャック
電源
3芯コード
SCSI
Ext:2, Int:1
寸法
43cm(W)x35.4cm(D)x13cm(H)
重量
11.2kg
 
 Copyright (C) 2011 Kurzweil Japan All Rights Reserved